最低限押さえておきたいキャッシング審査に通る条件とは?

キャッシング審査にはどのような条件が揃っていれば通過することができるのでしょうか。消費者金融や銀行などではキャッシング審査の基準を明らかにすることはしていません。

 

また、その審査基準は各社の過去の利用者の統計データから導き出されたものであるため、各社で微妙に異なります。そのため、これなら必ず審査に通る、という決定的な条件をあげることは難しいです。

 

しかし、キャッシング審査に通るために最低限これだけは押さえておきたいという条件はあります。まずは自分がその条件を満たしているかどうか確認してください。

 

  • 安定した一定の収入がある
  • キャッシング会社の年齢制限の範囲内である
  • これまで延滞や自己破産など金融事故歴がない

以上のような点をチェックし、注意の上、申込に臨みましょう。

 

審査に通るために必要な対策は?

では最低限審査に通る条件を満たしているとして、それだけ満たしていれば審査に通るというものではありません。審査に関わる項目は、以下のようなものがあげられます。

 

【年齢】若い方が有利
【年収】400万円以上は評価が高い
【勤続年数】5年以上になると評価が高い
【職種】医師や弁護士、公務員は評価が高い
【勤務先】公務員や上場企業は評価が高い
【居住年数】5年以上になると評価が高い
【住居形態】持ち家であれば、家族名義でも個人名義でも評価が高い
【家族構成】独身で家族と同居しているまたは既婚者でも家族と同居で子供がいない場合は評価が高い
【クレジットカードの保有枚数】1枚から2枚程度
【他社からの借入状況】0件から2件までが審査に有利
【支払い状況】1ヶ月から2ヶ月の遅延が複数回あると不利
【申込履歴】短期間に3社以上の申込があると不利
【事故情報】3ヶ月以上の延滞や自己破産などがあると事故とみなされて不利になる

 

これらの審査項目は一律で重要度が同じなわけではなく、比較的重視されるものとそうでもないものとがあります。一般的に重視される事が多く、審査に不利になる要因として多いものには次のようなケースが挙げられます。

  • 他社借入件数が3社以上ある
  • 勤続年数が1年未満
  • 短期間に3社以上の申込がある
  • 借金の額が多い
  • 年収が低く非正規雇用であるなど属性が低い

こうしたケースに対して、審査に通るためには対策を取っていく必要があります。
それぞれのケースごとでどういった対策を取る必要があるのか、みていきましょう。

 

審査に不利なケースにおいての対策

他社借入件数が4件以上ある場合

この基準は会社によっても異なりますが、一般的に、他社借入件数は3件まで4件以上になってきますと審査に通りにくくなると言われています。

 

また審査に通ったとしても低い限度額しか借りられない、なんてこともあります。この場合には借入件数を減らすことがまず必要です。低金利な銀行カードローンでのおまとめや、いまある一番残高の少ないものから優先して完済してしまうなど、とにかく件数を減らしましょう。

 

勤続年数が1年未満

勤続年数が1年未満であるという場合には、1年経過するまでまってから申込をする方が審査に通る可能性は高くなります。最近では勤続年数は半年程度でも通るところは多いようですが、半年以下の場合にはかなり厳しくなります。

 

転職後すぐにお金を借りたいという方や新卒で就職後すぐ借りたいという方は、審査に通るのが難しいとあらかじめ理解し比較的審査が柔軟なところで借りるなどの対策をしたほうがいいかもしれません。

 

短期間に3社以上の申込がある

いわゆる申込ブラックと呼ばれる状態です。申込の履歴というのは信用情報に6ヶ月間記録が残りますので、新規で審査申込を何度も繰り返していたり同時に何社も申込をしたりなどしていると、相当お金に困っている状況かもしれない、とキャッシング会社側が警戒してしまうのだそうです。申込ブラックになってしまうとそれだけで審査に落ちてしまうようになります。

 

もしもすでに申込ブラックになってしまっている、というのでしたら、信用情報が消えるまで待つか、もしくは申込時に電話などでその旨について相談してみるというのもいいかもしれません。

 

借金の額が多い

他社借入は一般的に件数と金額では件数の方が重視されるといいますが、金額が多くてももちろん審査では不利になってきます。

 

すでに高額な借入がある場合でも、例えばそのぶん収入が多いのであれば審査に通ることもありますが、基本的にはすでに借金の総額が多い状況の場合、回収不能のリスクを考えて審査は厳しくなります。

 

また、高額な借入の場合、総量規制の関係もありますので、法的にも個人の年収の3分の1までしか借りることができません。それを超える額を借りたいのであれば、総量規制対象外である銀行カードローンを選択するようにしましょう。

 

属性が低い場合

年収が200万円以下など低かったり、またアルバイトや派遣社員など非正規雇用であるといった場合には、確かに正社員で年収が500万円ある方に比べれば審査においては不利にはなってきます。しかし、だからといってそれで審査に落ちてしまうというわけではありません。

 

属性が低いのであれば、比較的審査が柔軟な消費者金融を利用する、また希望額を低めに申告するなどすれば、審査に通る可能性も上がります。

 

審査に不利なケースといっても、審査には先に挙げたようにさまざまな項目がありますから、それを満たしていないというだけですぐさま審査に落ちてしまうということではありません。まずはこれらのケースに当てはまるものがあれば対策をとったうえで申込に臨んでいきましょう。