固定電話がないとキャッシング審査に通らないのか

以前は固定電話がないとキャッシング審査に通らないということがあったようです。
しかし今では、若い方を中心に固定電話を持たずに携帯電話だけという方が多いのではないでしょうか?

 

では、現在のキャッシング審査で固定電話がないことによって不利になるようなことはあるのでしょうか?実は、固定電話が審査において重要視されていたのには幾つかの理由があります。

 

キャッシング会社と借り手との連絡手段

まずキャッシング会社が借り手と連絡を取る手段は電話が多いです。
この点は携帯電話でも同様ですね。最近では審査結果をメールで送ってくるところもありますが、以前はメールなどはありませんでした。

 

また審査結果の連絡だけでなく、返済が遅れた時にすぐに連絡ができる手段があるということはキャッシング会社にとってお金を回収するためには必要不可欠です。

 

固定電話があることで信用度が高くなる

固定電話の回線を引くためには、「電話加入権」という権利をNTTから買う必要がありました。電話を設置するためには住所地が必要になることから、申告した住所の裏付けにもなるなど固定電話があることで信用度が高くなるのです。

 

昔は信用情報機関もなく、申込者が他にどこでどのくらいお金を借りているのかなどといったこともわかりませんでした。そのため、対面与信で相手の表情や言動などから人格を判断し、お金を貸す信用があるかどうかをはかっていました。

 

こうした背景などもあり、固定電話があることというのは昔のキャッシング審査において非常に重要な意味を持っていたのです。

 

現在では固定電話を持たない方が多くなったこともあり、固定電話の審査の重要度は低くなっています。そのため固定電話回線を持たないことで審査に不利になるということはありませんが、固定電話と携帯電話、両方を契約していたほうが審査は有利とされています。