キャッシング審査の必要書類

キャッシング審査申し込みではいくつかの必要書類があります。

 

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
など
 

 

一般的にキャッシング審査において必ず必要になる書類が本人確認書類です。
借りる額や借入先にもよりますが、本人確認書類だけあればお金を借りることができるケースは多いです。

 

引越しなどで本人確認書類の記載の住所と現住所に違いがある場合には、現住所を確認できる他の書類を合わせて提出する必要があります。

 

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
など
 

 

収入証明書は必ず必要になるとは限らない提出書類です。
というのも、収入証明書は借入額によって提出するかどうかが決まってくるからです。

 

消費者金融やクレジット会社など貸金業者の場合には、収入証明書類の提出については、

  1. 自社からの借入残高が50万円超となる貸付けの場合
  2. 総借入残高が100万円超となる貸付けの場合

収入を明らかにする書面を利用者から求めるというように貸金業法の総量規制で定められています。

 

ではそれ以外の銀行カードローンではどうかといいますと、銀行の場合には貸金業者にあたりませんので上記のような決まりはありません。銀行ごとで、100万円を超える場合には提出、などと定められています。全体的にみて、銀行のほうが高額な借入でも収入証明書類の提出が不要になるケースが多いです。

 

ここで注意していただきたいのが、収入証明書の内容についてです。
収入証明書は源泉徴収票などなかなかすぐに用意できない書類ばかりとなっています。
そのため、もしも即日融資を希望する場合で上記の額を超えるような借入を希望するというのであれば、収入証明書もその日中に用意しなくてはなりません。

 

もしも出先や仕事中などですぐにはこれらの書類が用意できない、という場合には、

 

  • 借入額を収入証明書不要な額に抑える
  • 200万円まで収入証明書不要というような高額な設定の銀行カードローンで即日融資を探す

 

などの対策が必要となります。

 

もちろん、高額な融資になればなるほど審査も慎重になるわけですから時間がかかる可能性も出てきますし、そちらの面で即日融資が難しいこともあるかもしれませんが、必要な書類がそろっていないことには融資を受けることは難しいです。

 

必要書類が揃えられることを前提に、キャッシング申し込みを行いましょう。